慰謝料請求の流れ

弁護士に慰謝料請求について相談をしたならば、実際に慰謝料請求のための行動に出ることになります。慰謝料というのは当事者同士で合意があるならば、その金額で取引をすることが成立します。その際には交渉をしなければいけないでしょう。弁護士に交渉をすべて任せることができます。弁護士は代理人としての行動ができるからです。

調査ただし、慰謝料というのは絶対に請求できるわけではありません。まずは配偶者が本当に不倫や浮気をしているのか調査しなければいけません。すでに証拠を集めているならば、それを活用するのですが、証拠が不十分であれば不利になってしまうでしょう。証拠集めについても弁護士は協力してくれるでしょう。

実際に交渉をしても一向に慰謝料の額が決まらないことがあります。そもそも不倫をしている事実を否定されてしまう可能性もあります。このような場合には訴訟をすることになります。訴訟のための手続きも弁護士に任せることができます。実際に裁判に出るのも弁護士に任せることができるでしょう。最終的に慰謝料を得ることができたならば、そのうちの何割かは成功報酬として弁護士に支払われることになるのです。優秀な弁護士に依頼をすればスムーズに問題を解決してくれるでしょう。

Pocket

Comments are closed.